便秘外来がある

便秘で病院を訪れる際、肛門科や胃腸科、消化器内科、子供の場合だと小児科、妊婦の場合だと産婦人科など、さまざまなところで診てもらうことができます。全国でも数が多いため、診てもらいやすいです。その他にも便秘外来という便秘を専門でみてくれる病院もあります。便秘専門ですのでより詳しく診断してくれ、治療を行ってもらえます。最近増えてきていますが、まだ数がかなり少ないです。便秘外来もまずは詳しいカウンセリングから始まります。排便の有無や生活習慣、下剤など便秘薬を飲んでいるか、血便の有無などです。

その次に、お腹の触診です。お腹の張り具合や便のたまり具合などを見ます。そして腹部のレントゲンや血液検査を行います。もし何か病気が原因の便秘であれば、この時点ではっきり原因が分かるかもしれません。それから、大腸内視鏡検査です。絶対受けなければいけない検査ではないのですが、今まで受けたことのない人や、血便が出ている人などは受ける場合が多いです。

この検査では、大腸がんや大腸ポリープなど大きな病気を見つけることができる大事な検査です。もし慢性的な便秘で悩んでいるのなら、何か重大な病気が隠れているかもしれないので、便秘外来など専門的な病院でより詳しく診てもらうことも大切です。